«

»

3月 09

まちづくりアンケート2015を実施しました。

越谷市民と議員で”まちづくり”「みんなの越谷マニフェスト2015」に関する全域市民アンケートを3/10~3/18まで実施しました。
※ご意見を踏まえて3/21に会議を開き成案を作成・発表
3/22成案発表版⇒みんなの越谷マニフェスト2015(成案)_20150320
————————————————————————
【アンケート結果】
ご返信:3通
ご意見:
「文化」または「地域文化」を加え、物質的な豊かさだけでなく「心の豊かさ」を重要視して地域文化を育ててほしい。

地区別に相談事のアンケートを実施し対処してほしい。
大地震や災害でいつになっても安心感が持てない。耐震強度もふまえ建設に関する基準を厳しくしてほしい。

本当に豊かな暮らしは、自然・人・物を大切にする丁寧な暮らしの中にある。「人がやさしい笑顔の越谷」が私の願いです。越谷から発信していってください。
————————————————————————
【アンケート実施内容】
PDFファイル⇒埼玉政経セミナー市民アンケート2015
※越谷市内全域に新聞折込みと手配布にてアンケート用紙を配布。
埼玉政経セミナー市民アンケート2015_ページ_1埼玉政経セミナー市民アンケート2015_ページ_2
このアンケートは、市内全体を見るべき市民の代表として、皆様と一緒に越谷市の”まちづくり”を考える、広聴・広報ツールとして実施いたしました。
越谷市を含む地方自治体は、強い権限を持つ市長と、市民の代表が集う合議制の議会による二元代表制によって運営されています。地方分権の時代に議会に求められられるのは、市政のチェック機能だけではなく、声なき声の反映、新しい多数派形成、市民参加の促進が重要であると考えます。
「埼玉政経セミナー」は市民と超党派議員(様々な会派党派)で構成され、市民の皆様と一緒に政策の立案、実行、検証を7年間に渡り推進してまいりました。今後も市民参加と共に”まちづくり”を行う為に、新しい公約(責任と約束)を提案いたします。
次世代に全ての資源を転換し、越谷市から新しい「豊かさ、公共、しくみ」を切り開いていくため、皆様のご意見が大変重要です。3月18日締切まで、皆様と一緒に検討を続けてまいりますので、ぜひご参加をお願いいたします。
ホームページよりのご参加もお持ちしております。